【!?】飲み物の好みは「味」でなく「精神作用」で決まる

2019/08/13 22:54


《記事によると》
飲み物の嗜好について、味覚に関わる遺伝子よりも精神作用に関わる遺伝子のほうが大きな影響を与えていた

■人々は「味」よりも飲料が持つ「精神作用」を重視している

■研究では「FTO遺伝子」に特定の変異を持つ人は、極端に甘い飲料を好むことも判明した

研究をおこなったマリリン・コーネルス氏は、「私たちの嗜好の遺伝学的な基礎は、飲料が持つ精神作用的要素と関連しています。人々は気分が良くなるからコーヒーやアルコールを飲むのであり、味で選んでいるわけではないということです」と語っている。

元記事の続きを読む

《ネットの反応
コーヒー飲むと頭痛がするんだけどなぜかコーヒーを飲んでしまう


わかるわ。どう考えてもジュースのほうがおいしいと認識しているのに。なぜかお酒飲むわ。


「コーヒーを飲むときは心の鎮静作用を(中略)期待しているような」……? そんな作用あるの? コーヒーと聞いて真っ先に思い浮かぶのはカフェインだけど、あれは中枢興奮作用だし。


・・・・・・(←見た事のない飲み物を見たらとりあえず買って飲む奴)


苦味って本来生物が毒物と認識するから苦痛に感じるもののはずなんだよねぇ…なんでコーヒー常飲しちゃうんだろww


確かに、朝紅茶か緑茶ホットで飲むと落ち着くんだよね 逆にコーヒーは落ち着かない感じ?


広い意味での薬物中毒やな

 
   私もなにかヤバくなったら緑茶を飲んで落ち着こうとしたりするが
   "落ち着く味"だと意識して飲んでいたつもりだったのだよ・・・
   自分で何を言ってるのかわかんなくなってきたぞ